カードローンから借金体質になってしまった過去

むかしの私はカードローンで買い物をすることが半ば中毒のようになっていました。パソコンやDVDからはじまってコンポや家電製品の新型が出るとカードローンで何でも買っていました。そのうちにカードローンの返済で毎月の生活が苦しくなってきたんです。

その後に私が手を出したのがキャッシングでした。
その後は転げ落ちるように借金体質になってしまい、最終的には数百万円の借金を背負い、とうとう自己破産をしてしまったんです。

もちろんカードローン自体が悪いわけではなく、後先考えずにカードローンでの買い物に夢中になってしまった若い頃の自分があまりにも浅はかだったんだと思います。カードローンを有効活用して欲しい商品を手に入れて満足し、計画的な返済で満足した買い物をしている人が大半だと思います。

ただ、自分のように無計画で今さへよければいいという甘い考えでカードローンのシステムに依存するようになってしまうと一気に借金体質になってしまうという可能性もあると思うのです。

要するになんでもそうですがカードローンというシステムとも付き合い方いかんによって毒にも薬にもなるのだと思います。そう学習してからは、今ではカードローンというシステムにも依存することなく適度にいい距離感で付き合えている最近の私です。

電子マネーでの貸し出しを望む

ショッピングをする際、財布を持たずにスマートフォンや携帯電話を利用して支払いをする人が多くなってきています。いわゆる電子マネーと言うものでショッピングをするのが当たり前になってきています。消費者金融側もこのシステムに対応してほしいと思います。そうすると、何にお金を使い込んでいるのかと言うのも把握がしやすいと思います。

そうすることで、融資の依頼をする際の書類に不正を発見しやすくなると思います。それは、例えば借り入れ理由を偽って無駄なショッピングをしていたと言った場合、書類に虚偽記載があったということになりますので相応の処分を下すことも出来るからです。

ですが、個人で使ったお金に対してそこまで言えるかと言うと、利用者側が急遽目的を変更したと言えばそれまでですので難しいと思います。それでも、電子マネーでの融資が出来るようになれば今ではATMで下して財布に入れると言うことをしなくてもいいですし、何より残高管理も出来て便利だと思います。

返済が遅れてしまった場合の話

大手の消費者金融で借り入れしていて、毎月の返済額を返せなかった人がいました。実は、返済するべき額の金額は持っていたのですが、月々の返済額を間違えていただけだったのですぐに返済して問題は収まったのですが、1日遅れただけで督促の電話が来たと言っていました。

しかも、1回目は不在着信だったのですがわずか3分して2回目の不在着信。その後も5分おきくらいに電話があったとのことです。

ちょうどその時間は仕事のため電話に出れなかったので、1時間後には7回も不在着信があってびっくりしていました。消費者金融側も個人情報保護の観点から、極力郵便物などによる督促は控えてバレにくい個人の携帯電話への連絡をしたのだと思いますが、それにしても1時間の間に7回も電話をしてきたというのは異常に感じました。本当にお客さんのことを考えているというのなら、着信は1日に数回で充分なのに随分と失礼な対応だなと頭に来ていたようです。

当時は、メールでの配信サービスをやっていなかったので現在は当時のように何度も電話が来るか分かりませんがちょっとしたお客への気配りをしてほしいなと思いました。
>>街金で即日借りる

なかなか減らすことのできない借金

結婚して子供あり。
相手の母親と同居です。
ぶっちゃけ あんまり幸せといえるような家庭ではありません。
できることなら子供を連れてでていきたい。
そんなふうに思ったきっかけはカードローンです。
もともと裕福ではなかったですが、貧乏というわけでもなかった我が家。
コツコツと貯金をしては、将来どうしようかと楽しみにしていました。
ところが、あるとき些細な事から喧嘩になり旦那の人柄がすっかり変わってしまいました。
まるで今までの生活は自分をおさえて生活していたようで特にお金にかんしてはひどく、だらしがないというか とても考えられないものでした。
どうしてこんなことになってしまったのだろうかと相手の母親に相談してみたら答えがわかりました。
それがどうさたのと言わんばかりの解答でした、相手の家計というか、もともとそういった事が当たり前の家庭だったようです。
家の貯金、子供の貯金、すべて個人のためだけに使ってしまいすっからかん。次に始めたのがカードローンでした。
カードローンを利用して満額使ってしまったとしても、少しでも返済すればまた借りることができる。結局その繰り返しで元本なんかちっとも減りません。
カードローンはとても便利ですが、使い方を勘違いしてしまうと少し簡単にお金が手元にもててしまうところがとても怖いと思います。